花咲日和―花咲鍼灸室Blog-

大阪府吹田市、江坂の女性向け鍼灸院です。美容・健康に関する情報や、日々の徒然など。

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/03/25(Tue)

人は自然の一部です

こんにちは。吹田市江坂の花咲鍼灸室、中西です。
先日誕生日を迎えまして、またひとつ年を取りました^^;
それはさておき、友人からプレゼントに治療院に飾るリースをもらいまして。
さっそく壁にかけました。
とっても華やかに、明るい雰囲気になって大満足。ありがたいことです(^^)
治療院にお越しの際は、ぜひ見てみてくださいね。

リース



気が付けばもうお彼岸も終わり、すっかり春!ですね。
桜の開花情報もちらほら聞こえてきました。
本格的花粉シーズンに、お悩みの方も多いんじゃないでしょうか。


くしゃみ鼻水、目のかゆみ、肌のかゆみ。
四人に一人とも言われる花粉症、いつからこんなに多くなったんでしょうね。
少なくとも私が就職したばかりの頃は、春だからってマスクをして会社に来てる人なんて、
いなかったと記憶してるんですが(何年くらい前の話よ、とのツッコミは無しでお願いします^^;)


私もスギ花粉に対するアレルギーはありますが、ありがたいことに症状はそれほどきつくありません。
子どもの頃から喘息、鼻炎、結膜炎、皮膚炎、とアレルギー症状はたくさん持ってたんですが、
大人になるにつれて軽くなってきたように思います。
鍼灸の資格を取ってから、セルフケアに勤しんだかいもあるのかもしれないですね。
疲れるとたまに出ますけど。


アレルギー症状は体にとって有害なものを外に追い出そうとする、危険を知らしめようとする、正常な反応です。
それがちょっと勘違い暴走してるのが、花粉症をはじめとする「そんなに有害じゃないもの」に対するアレルギー反応。

…困ったものです。

一説によると、昔に比べて衛生環境が良くなった結果、免疫系がある意味「ヒマ」になってしまい、割と
どうでもいいものにまで、過剰な反応をするようになった可能性があるそうです(かなり適当な説明ですが)。
特に乳幼児期にあまりにも清潔な環境で育つと、喘息やアレルギー疾患を発症しやすいとの研究もあります。
清潔を心がける、小さなお子さんをお持ちのお母さん。もっと「てきとー」で大丈夫(^^)

注:免疫不全や特殊な病気の方は除きます。


私たちの周りに氾濫する化学物質も、アレルギーの元。
洗剤、柔軟剤、入浴剤、化粧品、薬etc。普段当たり前に使っているものには、たくさんの科学合成物質が入っています。
空気や水、食べ物にも、何がしかの科学物質が含まれています。
一つ一つは微量でも、毎日毎日、あちらこちらからいろんなものが入ってくると…大変。
これらは環境ホルモンと言われ、アレルギーのみならず、様々な病気の元を作っているとも言われています。


私はアレルギー症状がある時は、合成洗剤で洗った衣類を着ると「かいかい」が出ます。柔軟剤もダメです。
真っ赤になってかゆくなって、無意識に掻いてしまうんです。
以来、洗濯石鹸は「純石鹸」「無添加石鹸」と書かれているものを使うようになりました。
それでかゆみが治まったので。
(これらの洗剤には、「洗浄成分の○○%が生分解され、自然に帰ります」とか書かれているものが多いです)


以前患者様に、お孫さんがアレルギー体質で、喘息や皮膚炎に悩まされているので、少しでも症状を軽くしようと、お母さんが洗濯の時に柔軟剤をたくさん入れている、というお話しを聞きました。
柔らかくした方が、肌への刺激が少ないだろうから、と。
…自分の経験があるだけに、ひえーと悲鳴を上げてしまいました(>_<))


確かにやわらかい方が、肌当たりはやさしく感じます。
柔軟剤のパッケージにも「敏感なお肌にもやさしい肌触り」みたいなことが書いてますしね。
洗剤だけだと、タオルなんかは特にゴワゴワした感触になります。
でも、これは合成洗剤の強すぎる洗浄成分が、繊維に含まれる必要な油分まで落としてしまうからなんだそうです。
それで、柔軟剤でまた繊維をコーティングする成分を足す、ということになるんですが。


落とさなくてもいいものまで落とす成分も、繊維をコートして滑らかに感じさせる成分も、どちらも科学物質。
アトピー性皮膚炎のように、表面のバリアが壊れて過敏になっている肌には、強い刺激を与えかゆみを誘発する危険があります。

皮膚炎の治療でまず大事なのは、「掻かない」こと。
掻くことでますます皮膚が傷つき、刺激に弱くなり、またかゆくなる、という悪循環が生まれます。
刺激物は極力避ける方がいいんです。


「でも石鹸だけだと…」という方もいらっしゃるかと思いますが、昔からある「洗濯石鹸」は、繊維の油分を落としすぎません。
柔軟剤なしでもふんわり柔らかく仕上がります。
繊維の表面をコーティングしないので、吸水性もいいですしね。


あ、今は外に洗濯物を干してはいけなかったり、花粉や大気汚染を気にして室内干しばかり、という場合もあるかと思います。
臭いが気になる、という人は、すすぎの水にエッセンシャルオイルを垂らしたり、干しものをしている部屋で、お香やアロマを焚いてみるのもおすすめです。
花粉症の人にはユーカリやミントがおすすめですよ。


体の反応が過敏になるこの季節。
普段よりほんの少しだけ意識して、なるべく刺激になるものを避ける生活をしてみてはいかがでしょうか。


人間は自然の一部。
自然に負荷の少ないものは、人にも負担が少ないんです。


鍼灸の治療には、人の体の本来の状態を取り戻す効果があります。
免疫が勘違い暴走しているのを鎮めるにも、お役に立てるかと思います(^^)

つぼみ

緑道でも次々と花が咲き始めました(^^)お越しの際は、道中のお散歩も楽しんでくださいね。


花咲鍼灸室





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • Comment
  • Pass
  • Secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://hanasakisinkyu.blog.fc2.com/tb.php/17-7b7b2cfe
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。